お知らせカテゴリ
  • お詫びとお知らせ(和歌文学大系)
  • 教科書教材FAQ
  • 国語教科書パンフレット
  • 高等学校国語科副教材のご案内
  • web国語の窓
  • 日本語学電子版

2014.07.07 [メディアで紹介されました]
『怒られ力』が、地方新聞社各紙で紹介されました!

怒られ力 新社会人は打たれてナンボ!』(桂 福丸 著)が、地方新聞社各紙で紹介されました!

・陸奥新報(2014年5月31日付)「ビズ・カル」

・京都新聞(2014年6月8日付)読書面「新刊の本棚」

【内容】(時事通信社)
『…若い会社員向けに「怒られること」の意味を説いたビジネス書だ。
 「怒られることからは逃げられない」。怒りをを避ける方法ではなく、怒られる自分という現実を受け入れ、真意をくみ取る生き方を提案。愛のある怒りは、全く怒らない放任より、ずっと成長の糧になると語り掛ける。
 著者は「自他共に認める打たれ弱い男」。気持ちをうまく外に出せず、つらい日々を送った幼少期や、落語家を志した時の孤立感もつづられ、言葉で勝負する人間が背に担う重みが伝わってくる。』と紹介されました!

桂 福丸

◇著者:桂 福丸

1978年神戸市生まれ。落語家。灘中学・灘高等学校卒業後、京都大学法学部に進学。2001年卒業。卒業後はフリーターとして生計を立てつつ英語落語を学び、アメリカでも公演を行う。2007年、4代目桂福団治に入門。「福丸」の名付け親は作家の藤本義一氏である。天満天神繁昌亭ほか、各地の落語会などにも出演中。2013年からはクラシック音楽とのコラボレーション「寄席クラシックス」にも出演。同年には東日本大震災復興応援として、福島県でも開催された。

・桂福丸ブログ http://mscafe.cocolog-nifty.com/blog/