• お詫びとお知らせ(和歌文学大系)
  • 教科書教材FAQ
  • 高等学校国語科副教材のご案内
  • 国語教科書パンフレット
  • web国語の窓
  • 日本語学電子版

2018.11.01 [雑誌「日本語学」]
雑誌「日本語学」 のご案内

 『雑誌日本語学』【電子版】の配信をはじめました!

◎毎月1日店頭発売

雑誌日本語学最新号

国語教育・日本語教育と日本語研究を結ぶ月刊誌

■監 修 宮地 裕・甲斐 睦朗
■編集委員 荻野綱男・近藤泰弘・杉戸清樹・髙木展郎・笹原宏之・渋谷勝己・田中牧郎

※2018.1.1現在
◎ 通常号 1,100円+税、年10回(5月・11月を除く)
◎ 特大号 2,900円+税、年2回(5月・11月予定)
◎ 臨増号 2,900円+税、年1回(7月)※15日店頭発売

※1月号は年末年始のため発売日が繰り上がりますので、予めご了承ください

◎ 雑誌コード:通常号06969、臨時増刊号06970

世界言語の中の日本語、史的変遷、言語芸術における特徴など、多彩な視点から日本語研究の最先端を広く一般に紹介。国語教育現場へも実際的・具体的な情報を提供し、研究と教育の橋渡しをする。

◎毎号特集テーマを設け、最新の研究成果を収載。※通常号80~96頁、臨時増刊号176~224頁

■ 教育現場の指導に資する関連情報
■ 連載:ことばのことばかり、校閲記者のこの一語、漢字を追いかける ほか
■ 新刊・寸感/虎の門通信/情報源 

 

発売予定

年月号
本体
特集
2019.4月号
(4月1日)
1100 一語からはじめる日本語学
2019.3月号
(3月1日)
1100 「書けない」生徒が増えている
2019.2月号
(2月1日)
1100 書き言葉の敬語
2019.1月号
(12月21日)
1100 分かり合うための言語コミュニケーション
2018.12月号
(12月1日)
1100 日本語史の時代区分

 

バックナンバー

年月号
本体
特集
電子版
2018.11月特大号 2900 中学校・高等学校『国語』 新学習指導要領はどうなるか
2018.10月号 1100 国語力を支える語彙力とは
2018.9月号 1100 平成時代のことばと文字
2018.8月号 1100 都市とことば
2018.7月臨増号 2900 大学院の日本語研究2018  
2018.7月号 1100 日本語の秘境のいまむかし
2018.6月号 1100 国語の授業における「主体的・対話的で深い学び」とは何か  
2018.5月特大号 2900 世界の標準語と日本の共通語  
2018.4月号 1100 性と日本語  
2018.3月号 1100 新学習指導要領国語の方向性  
2018.2月号 1100 世界の漢字研究  
2018.1月号 1100 ことばの癖  
2017.12月号 1100 食のことば  
2017.11月特大号 2900 日本語150年史  
2017.10月号 1100 「同じことば」の言語学  
2017.9月号 1100 電子機器が変えつつある日本語  
2017.8月号 1100 文献でたどるむかしの方言  
2017.7月臨増号 2900 大学院の日本語研究2017  
2017.7月号 1100 漢文をいかに教えるか  
2017.6月号 1100 敬語研究の新視点  
2017.5月号 1100 「数」のことばの謎を解く  
2017.4月特大号 2900 インターアクションの科学  
2017.3月号 1100 演劇を学校教育に取り入れる  
2017.2月号 1100 ことばの痕跡  
2017.1月号 1100 大和言葉の再認識  
2016.12月号 1100 データが変えることばの研究と教育  
2016.11月特大号 2900 手書きの字形を考える  
2016.10月号 1100 終助詞の世界  
2016.9月号 1100 漢文の最新情報  
2016.8月号 1100 国語科における情報活用能力の育成  
2900 大学院の日本語研究2016  
1100 いま外来語を考える  
1100 仲間内のことばと文字  
2016.5月号
※品切れ
1100 日本語の難問  
※品切れ
2900 人物でたどる日本語学史  
1100 学習の理解が進む板書  
1100 ことばの意識を育てる  
1100 翻訳と日本語  
1100 ことばの「美しさ」とは  
2900 入門:第二言語習得研究  
2015.11月号
※品切れ
1100 小論文の書き方   
1100 国語教育と日本語教育の連携  
2015.9月号
※品切れ
1100 オノマトペ研究の最前線  
2015.8月号
※品切れ
1100 昔の人はどのように話したか―復元音の世界―  
2900 大学院の日本語研究2015   
2015.7月号
※品切れ
1100 高等学校「古典A」で、何を教えるか  
2015.6月号
※品切れ
1100 ことばを言いさすとき  
2015.5月号
※品切れ
1100 経済とことば  
2015.4月臨増号
※品切れ
2900 漢字の指導法  
2015.4月号
※品切れ
1100 ジェネリック・スキルとしての国語の学力   
2015.3月号
※品切れ
895 英語から見た日本語  
895 ことばを略す、文字を略す  
2015.1月号
※品切れ
895 ことばの「硬さ」「やわらかさ」  
 895
「昭和時代」のことばと漢字  
2667
日本語史研究と歴史コーパス  
895
古典文法を、どう教えるか  
895
ことばの能力を測る  
2014.9月号
※品切れ
895
福祉の言語学  
895
異字同訓とは  
2667
大学院の日本語研究2014  
2014.7月号
※品切れ
895
古典を高校でどう教えるか  
895
イントネーション研究の現在  
2014.5月号
※品切れ
895
語呂、発音とリズム  
2014.4月臨増号
※品切れ
2667
国語の授業づくり -若い先生方に向けて-付録:Vol32総目録  
2014.4月号
※品切れ
 895
命令表現  
895
科学を伝えることば  
895
教室で読む「現代詩」  
 895
“あいだ”の日本語  
895
教室で読む「評論」  
2667
ことば研究の道具2013  
895
日本と中国 ことばの交流  
895
これからの古典語文法研究  
895
「ひらがな」を問い直す  
895
日本の危機言語  
2667
大学院の日本語研究2013  
895
入試問題は、いかにあるべきか  
895
日本語教育文法の今  
895
ことばの「常識」「俗説」と日本語研究  
2667
ことばの名脇役たち(付録:Vol.31-2012年「日本語学」-総目録)  
895
文学を読むことの今日的意味  
895
ことばのデータ集:日本語教育編  
895
国語辞典の今  
895
三者会話のダイナミクス  
895
テストでみる、国語の学力  
2667
『日本語学』の30年  
895
人生のための言語学  
895
漢和辞典の新展開  
895
平成の言語変化  
2012.8月号
※品切れ
895
学校教育でのコミュニケーション  
2667
大学院の日本語研究2012  
895
ことばのハンドブック  
895
語源研究の現在  
895
災害とことば  
2667
国語の授業を変える! 付録Vol.30総目録  
895
政治とことば  
895
ジェスチャーとことば  
895
記号と絵文字・顔文字  
895
いまどきの命名  
2011.12月号
※品切れ
895
学校で学ぶ「五七五」  
3429
言語研究の新たな展開  
895
言語と進化  
895
字源研究の現在  
895
やりもらいの日本語学  
2011.8月号
※品切れ
895
「思考・判断・表現」の学力を育成する  
2667
大学院の日本語研究2011  
895
近代の漢語  
2011.6月号
※品切れ
895
第一言語習得と第二言語習得  
895
フィールド言語学と文法  
2011.4月臨贈号
※品切れ
2667
大学の国語科教育 研究者ガイド 付録Vol.29総目録  
2011.4月号
※品切れ
895
文法を教えない古典の指導  
895
漢字音研究の現在  
2011.2月号
※品切れ
895
医療のことば  
2011.1月号
※品切れ
895
コミュニケーション教育の最前線  

※2011年1月号以前のバックナンバーは、小社には在庫がございません。ご了承ください。
※2007年1月号~のバックナンバーは、Fujisan.co.jp(株式会社富士山マガジンサービス)に、在庫がございます。

  ←こちらをクリック
  (富士山マガジンサービスへ移動します。)

 

バックナンバー常設店

臨時号 本誌 常設号 地区 書店名 電話番号
過去一年分 東京 三省堂書店 神保町本店4F 03-3233-3312
2014.1月号~ 東京 八重洲ブックセンター 本店4F 03-3281-8204
2014.1月号~ 千葉 丸善津田沼店2F 047-470-8311
2007.1月号~ ネット Fujisan.co.jp 0120-223-223