お知らせカテゴリ
  • 高等学校国語科副教材のご案内
  • 国語教科書パンフレット

2017.05.11 [編集部より]
『山口県のことば』出来!

 

日本のことばシリーズ35『山口県のことば』がいよいよ刊行となりました。

 

山口県にはまったく縁のない身、

本書に出てくる方言も初めて知るものばかりでしたが、

その中で一目見て気に入った表現をご紹介します。

 

「テレンコパレンコ」

 

どんな意味だと思いますか?

 

口にするだけでも楽しげな、リズミカルなフレーズに反して、

その意味は「ぐずぐず」「ふらふら」と決して良いものではなく、

ヒーロー番組では悪役の名前としても使われているそうです。

(詳細は『山口県のことば』13頁、141頁)

 

マイナスイメージのことばでも、

韻を踏んだ、テンポのいい響きに、

愛嬌が感じられるところがお気に入りの理由です。

「ぐずぐずしないの!」と言われるより、

「テレンコパレンコするなっちゃ!」と言われた方が、

やわらかく親しみを感じられそうで、これぞ方言だなあと思わせられます。

 

ほかにも方言ラジオ体操や、県内の言語景観などなど、

県民に愛される山口方言の姿をぎゅっと1冊にまとめています。

 

今週末の日本語学会(@関西大学)にも持って行きますので、

ご興味のある方はぜひ小社展示ブースにお立ち寄りください。

 

(編集部・久保)