お知らせカテゴリ
  • 副教材パンフレット
  • 和歌文学大系 萬葉集

2017.02.24 [社長:三樹 蘭のブログ]
【情報求む!】「こころ」の読みの多様性について

こころ』の授業中、生徒さんから思わぬ質問や読みを提示され

困った(驚いた)ご経験はありませんか?

 

都立高の国語科の先生方による勉強会「KOKU★GO」で

3/5(日)に以下の勉強会が開催されるそうです。

(以下、KOKU★GO事務局の先生Facebookより転載)

アクティブ・ラーニングのマインドや方法は語られ、議論されてきています。

アクティブ・ラーニングの研究会は、コンテンツをカッコに入れることで、教材にとらわれず、授業デザインや生徒の学習活動にフォーカスできました。

そのようにしてアクティブ・ラーニング型のスタイルを取り入れながら、学習内容を最終的に一つの「正しい読み」をゴールにしていくのでは面白くないのでは?

本プロジェクトは、テキストにとことん向き合って、一つの教材をどこまで面白く読めるか!?という読みの可能性を追求して、共有参照できる場をめざします。

テキストの前では、ベテランも若手も専門も関係ありません!

初回となる3/5は夏目漱石『こころ』を題材としながら、「教室での『こころ』の多様な読みの可能性を徹底的に語り尽くそうday!」と題して、皆さんと楽しい日曜日を過ごしたいと思います。

3月5日(日)10:00~17:00

 

非常に面白そうな勉強会になりそうですよね!

詳細についてはKOKU★GO事務局の先生をご紹介いたしますので

本ブログトップページの三樹蘭FacebookでDMなどでお問い合わせください。

私も当日はぜひ見学させていただきたいと思います!

遠方の先生や、「当日、参加はできない…」という先生で、

こころ』の読みの可能性についてご意見やご経験をお持ちの先生方!

よろしければ私が先生方にお届けいたしますので

ぜひどしどしお寄せください。

 

三樹蘭Facebookでシェアしておりますので、

もちろんそちらから直接事務局にご連絡いただいてもかまいません。

より多くの先生方のご意見で、活発な議論が拝聴できればと考えております。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。