• 高等学校国語科副教材のご案内
  • 国語教科書パンフレット

データベースFAQ

先生方からお問い合わせの多い内容をご紹介します。

【Vol.6が動かない。】
「.NETframework4.5以上」が必要です。マイクロソフトのWEBサイトからダウンロードできます。→4.5 Web インストーラーのダウンロード ページ

 

   1. インストールが完了しない。
2. 検索パレットのプルダウンメニューに何も表示されない。
3. 外字(漢文の返り点など)が正しく表示されない。
4. パソコンをWindows7に変えたところ、データベースが正常に作動しない。
5. Windows7の64ビット版で使用したい。
6. データベースを管理者IDでインストールし、一般ユーザーでログインしたところ作動しない。
7. 外字エディタが見つからない。
8. 外字フォントファイルが見つからない。
9. 外字登録の解除方法。
10. 現代文DB Vol.4 の一太郎での編集方法が[使用マニュアル]に載っていない。
11. 行数を増やしたい。(一太郎)
12. 問題作成できない。

 

 1. インストールが完了しない

 インストールの途中、何らかの原因でインストールが完了しないままデータベースの動作が止まった場合などは、データベースのインストール状況を確認してください。

 

【インストール状況の確認方法】


1. スタートメニューよりマイコンピューターを選びます。
   
2. CドライブまたはローカルディスクCを選んでください。
   
3. Program Filesを選択
   
4. インストールした『問題データベースCD-ROM』があるか確認してください。
   

【1】『問題データベースCD-ROM』があった場合・・・


現代文の場合は、フォルダ内に『現代文』フォルダがあります。
現代文フォルダ内の"ge.exe"アイコンを右クリックで「ショートカットの作成」を選択し、
ショートカットを作成してデスクトップに移動させてください。
デスクトップ上のアイコンから、データベースを起動させることができます。
(古文・漢文も同様です)


例

 

【2】『問題データベースCD-ROM』がない場合・・

もう一度インストール作業を行ってみてください。 
インストールされない場合には、
明治書院お客様センター【0120-595-170】までご連絡ください。

 

 2. 検索パレットのプルダウンメニューに何も表示されない。
 4. パソコンをWindows7に変えたところ、データベースが正常に作動しない。

互換性の設定を行ってください。

 

PDFファイル 互換性の設定方法マニュアル


1. デスクトップのアイコンを右クリックし、プロパティを選択します。
  
2. 『互換性』タブ(見出し)を選択し、互換モード『互換モードでこのプログラムを実行する』に☑を入れます。
  
3. すぐ下のプルダウンメニューから『Windows XP(Service Pack2)』を選択し、OKボタンを押します。
  
これで設定は完了です。状況が変わらない場合は、明治書院お客様センター【0120-595-170】までご連絡ください。

 

 3. 外字が正しく表示されない。

データベースvol.3、vol.4、vol.5、vol.6につきましては、外字登録を行っていただく必要が あります。マニュアルをご参照ください。

PDFファイル 古文・漢文問題データベースCD-ROM vol.3外字登録方法

PDFファイル 古文・漢文問題データベースCD-ROM vol.4外字登録方法

PDFファイル 古文・漢文問題データベースCD-ROM vol.5外字登録方法

外字フォントファイルが見つからない場合

外字エディタが見つからない場合


■ vol.6の場合

「古文漢文問題データベースCD-ROM vol.6」をPCにセットしてください。

1. デスクトップの左下にある「Windowsロゴ」を右クリック

2. 表示されたメニューの[エクスプローラー]をクリック

3. ディスクの中の[tools]→[EUDCLink.exe]をダブルクリック

●「すべてのフォントにリンクする」にチェック→[リンクファイルの指定]をクリック
「C:¥Program Files (x86)¥問題データベースCD-ROM Vol.6¥漢文」→[NewGaiji.tte]→[開く]→[OK]

外字登録

 

 5. Windows7の64ビット版で使用したい。
 
サポートしている動作環境をご確認の上、ご使用ください。
 
※×¹:互換性の設定をすることで動作します。→互換性の設定方法
※Vol.6のご使用には「.NETframework4.5以上」が必要です。マイクロソフトのWEBサイトからダウンロードできます。→4.5 Web インストーラーのダウンロード ページ
 
データベース Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.1~4 Vol.5 Vol.6
OS 32bit 32bit 32bit 32bit 64bit 32bit 64bit 32bit 64bit
Windows XP × × × × ×
Windows Vista ×¹ ×¹ × × ×
Windows  7 ×¹ ×¹ ×¹ ×
Windows  8 ×¹ ×¹ ×¹ ×¹ ×
Windows  10 ×¹ ×¹ ×¹ ×¹ ×
                .NETframework
4.5以上

<Vol.6のうれしい新機能!>

Vol.6を購入すれば、PCの買い替えで使えなくなった過去のデータベースCD-ROMのデータが最新のパソコンでも使えるようになります!

使い方は簡単。
PC(Windows7/8/10)に、Vol1~Vol.6をインストールして、Vol.6のCD-ROMを入れるだけ!Vol1~Vol.6すべての問題を使うことができます。

 

 6. データベースを管理者IDでインストールし、一般ユーザーでログインしたところ作動しない。

管理者IDでインストールした場合は、管理者IDでログインし使用してください。一般ユーザーでログインし使用する場合は、学校様のセキュリティの設定変更をお願いいたします。

セキュリティ設定の方法はこちら

1. 「C:¥program files¥問題データベースCD-ROMvol.※」フォルダを右クリック→[プロパティ]を選択(※←インストールしたバージョン)

2. [セキュリティ]→「グループ名またはユーザー名」の中の「Users」(先生のユーザー名)を選んで、[詳細設定]をクリック

3. [アクセス許可]→[アクセス許可の変更]をクリック

4. 「Users」(先生のユーザー名)を選んで、[編集]をクリック

5. オブジェクトーアクセス許可の中の「フルコントロール」の許可チェック(レ)を入れて、[OK]をクリック

 

■セキュリティ設定を変更しても作動しない場合

インストール先のフォルダを変更する方法です。※管理者権限で行います。

(手順1)
CD-ROMを入れてインストールを開始します。

(手順2)
インストールを進めていただき、下記のインストール先フォルダの選択画面で、インストール先を「C:¥program files¥問題データベースCD-ROMvol.4」から「D:¥問題データベースCD-ROMvol.4」というように新規にフォルダを作成し、設定します。

※画面サンプルはvol.4です。
インストール設定方法

(手順3)
インストール作業を進めていただき終了します。

 

 7. 外字エディタが見つからない。

外字エディタが見つからない場合は、以下の手順で起動してください。

■Windows XP の場合
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに eudcedit.exe と入力して [OK] をクリックします。
■Windows Vista の場合
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[検索の開始] ボックスに eudcedit.exe と入力します。
  2. [プログラム] に eudcedit.exe が表示されたらクリックします。

 

 8. 外字フォントファイルが見つからない。

外字フォントファイルは、拡張子が「.tte」のファイルになります。

インストール済みのパソコンの、Cドライブの中にファイルが保存されています。

Cドライブ→Program Files (x86)→問題データベースCD-ROM Vol.〇

■VOL.1~4の場合

[MSrn.tte]

■VOL.5/6 の場合
[NewGaiji.tte]
 
※VOL5のマニュアルでは、[MSrn.tte]となっていますが、実際表示されるのはこちらの画面になります。
 

 

 9. 外字登録の解除方法。

外字登録の解除方法をご案内いたします。

外字の登録については、製品マニュアル「2.外字の登録について」をご参照ください。
※本製品では、問題文を正しく表示するために外字の登録をお願いしています。

外字解除

 

 10. 現代文DB Vol.4 の一太郎での編集方法が[使用マニュアル]に載っていない。

申し訳ございません。現代文DB Vol.4の[使用マニュアル]に該当説明部分が抜けておりました。

現代文DB Vol.3の[使用マニュアル]P23をご覧下さい。

PDFファイル 問題を活用する2<一太郎を用いた基本的な編集方法>

 

 11. 行数を増やしたい。(一太郎)

 一太郎[書式]→[段落属性]→[属性・改行幅]→[改行幅]で任意の設定ができます。

※一太郎はジャストシステム社の製品です。詳しくはジャストシステムへお問い合わせ下さい。

 

 

 12. 問題作成できない。

 [ツール]→[環境設定]からアプリケーションを選び直してください。



※「一太郎」をお使いいただく場合は、「指定アプリケーション」を選択し、一太郎の実行ファイルを指定してください。