講座 ITと日本語研究2 アプリケーションソフトの基礎

講座 ITと日本語研究2 アプリケーションソフトの基礎

購入 by Online

ネット書店で購入

  • Amazon
  • honto
  • Honya Club.com
  • TSUTAYA online
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • BOOKFAN by eBookJapan
  • CLUB JAPAN

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

日本語データ処理に必須のソフトフェアを紹介するとともに、特に重要度の高い機能やソフトウェアについて、基本的な活用方法を概説する。ITの利用によって、日本語研究をどのように効率化させることができるのか、どのような日本語研究を開拓していけるのかを展望する待望の講座、第2巻。

第1章 ソフトウェア概説
第2章 検索
第3章 Word、Excel、テキストエディタで行う日本語データ処理の基礎
第4章 形態素解析
第5章 機械翻訳ソフト
[執筆:荻野綱男・広瀬英史・小西いずみ・柏野和佳子・杉浦滋子]

荻野 綱男

日本大学文理学部教授。1952年、埼玉県生まれ。東京大学文学部言語学科卒業、同大学院人文科学研究科修了。埼玉大学教養学部、筑波大学文芸・言語学系、東京都立大学人文学部を経て、2005年4月から現職。専門は、特に、社会言語学・敬語研究・コンピュータ言語学・計量言語学など。主要編著書に『デジタル社会の日本語作法』(共著、岩波書店、2007)、『現代日本語学入門』(共著、明治書院、2007)、『計量国語学事典』(共著、朝倉書店、2009)ほか。

田野村 忠温

大阪大学大学院文学研究科教授。1958年、岡山県生まれ。京都大学文学部卒業(言語学専攻)、同大学大学院文学研究科学修退学。奈良大学文学部、大阪外国語大学外国語学部を経て、2007年10月から現職。専門は言語学・日本語学。特に日本語の文法・語彙・意味などの分析。著書に『現代日本語の文法Ⅰ-「のだ」の意味と用法-』(和泉書院、1990)、『コーパス日本語学の新展開』(共著、特定領域研究「日本語コーパス」日本語学班、2010)ほか。