よみがえる日本語

よみがえる日本語
ことばのみなもと「ヲシテ」

「ヲシテ」から日本語の本当の姿が見える。漢字以前の日本語を解く鍵は「ヲシテ」だった!

購入 by Online

ネット書店で購入

  • Amazon
  • honto
  • Honya Club.com
  • TSUTAYA online
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • BOOKFAN by eBookJapan
  • CLUB JAPAN

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

「ヲシテ」とは漢字以前の縄文時代から用いられていた、「やまとことば」を言い表す文字をいい、これまでは江戸時代の偽造と考えられてきた。本書は、これまで謎であった日本語の本質・起源を解明するヲシテの全貌を分かりやすく解き明かす「ヲシテ」入門書であり、「ヲシテ」がいかに日本語の基礎を作り文法を生み出したかを証明する。

池田 満

ヲシテ文献研究家。ヲシテ原文の確定、記紀との対比、年表と系図の作成などを行い、ヲシテ研究の基礎を据えた。

青木 純雄

ヲシテの字のカタチで語義・文法を説明する仮説を構築し、検証を繰り返している。『よみがえる日本語Ⅱ』の本文執筆を担当。

平岡 憲人