学びを深めるヒントシリーズ 伊勢物語

学びを深めるヒントシリーズ 伊勢物語

  • これから出る本

古典と対話する!授業に役立つヒント集。日々、目まぐるしく変化し続ける今、高校生があえて『伊勢物語』を読むのなら……

購入 by Online

ネット書店で購入

  • Amazon
  • honto
  • Honya Club.com
  • TSUTAYA online
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • BOOKFAN by eBookJapan

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

次期学習指導要領のキーワード「主体的・対話的で深い学び」。
高校国語の現場で、これをどのように実現していけばよいのか。
『伊勢物語』の国語総合・古典A・古典Bの教科書採録章段を対象に、最新の研究成果を踏まえて、高校生が現代の感覚に引き付けて読むための、鑑賞のヒントと探究のポイントを紹介!

 この本を手にとってくださった皆様へ
 『伊勢物語』について
 凡例(この本の使い方)


初恋とはどんなもの? (初冠・初段)
失恋記念日の過ごし方 (月やあらぬ・四段)
邪魔されたら余計に燃えるんだ! (通ひ路の関守・五段)
夜道にキラキラ光るのは? (芥川・六段)
友だちとセンチメンタルジャーニー (東下り・九段)
妻と別れる友への贈り物 (紀有常・十六段)
一番好きなのはキミだ! (筒井筒・二十三段)
コミュニケーションとれてる? (梓弓・二十四段)
ぜんぶ若さのせいだ (好ける物思ひ・四十段)
よく知らない君だけど、いないと悲しい (ゆく蛍・四十五段)
昨夜ホントにお逢いしたのかしら (狩りの使ひ・六十九段)
酔狂な仲間たち!その本音は? (渚の院・八十二段)
ずっとあなたにお仕えしたいけど (小野の雪・八十三段)
お母さん、寂しいのはわかってる! (さらぬ別れ・八十四段)
お別れの歌…と見せかけて (目離れせぬ雪・八十五段)
もらって嬉しいラブレターって? (涙川・百七段)
人生最期の時に何を思う? (つひに行く道・百二十五段)


【コラム】
昔男たちはどんな一生を送ったか
『伊勢物語』が生んだ美術工芸
教科書の『伊勢物語』
『伊勢物語』の旅
「ちはやぶる」歌の謎に迫る
演じられる『伊勢物語』
現代文化における『伊勢物語』の受容
『源氏物語』に与えた影響

【付録】
参考文献
系図

早稲田久喜の会 編著

早稲田大学上野理研究室出身者を中心とする研究者グループ。母体である久喜の会は平成23年に『『古今和歌集』巻二十―注釈と論考―』(新典社)を刊行。
・井実充史(いじつ みちふみ)(福島大学教授)
・岩田久美加(いわた くみか)(秋田工業高等専門学校講師)
・遠藤耕太郎(えんどう こうたろう)(共立女子大学教授)
・咲本英恵(さきもと はなえ)(流通経済大学専任所員・共立女子大学非常勤講師)
・高松寿夫(たかまつ ひさお)(早稲田大学教授)
・田原加奈子(たばる かなこ)(早稲田大学大学院博士後期課程)
・中島輝賢(なかじま てるまさ)(跡見学園中学校高等学校教諭・跡見学園女子大学兼任講師)
・中田幸司(なかだ こうじ)(玉川大学教授)
・宮谷聡美(みやたに さとみ)(東京経営短期大学准教授)
・吉見健夫(よしみ たけお)(早稲田大学講師)