漢方で劇的に変わるがん治療

漢方で劇的に変わるがん治療

癌研有明病院の星野医師が最新の漢方治療を紹介!

購入 by Online

ネット書店で購入

  • Amazon
  • honto
  • Honya Club.com
  • TSUTAYA online
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • BOOKFAN by eBookJapan
  • CLUB JAPAN

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

漢方薬と西洋医学との併用で、がん治療は劇的に変わる! 痛みに苦しむ末期のがん患者が日常生活ができるまでに快復するという、癌研有明病院の星野医師による最新のがん治療を紹介。世界的にも注目を集める、目からウロコのがん治療の最前線!

第1章 漢方の「次の一手」でがん患者を援護射撃
第2章 がんの専門病院で、なぜ「漢方診療」を行うのか?
第3章 「漢方医学」とは何か?
     ──知っておきたい「漢方」の基礎知識
第4章 がん治療における「補剤」の役割
第5章 漢方薬のがん治療への応用と緩和医療
第6章 癌研「KSC」で個別症状が改善されたがん患者さんの実例
第7章 漢方薬を用いたがん患者の栄養サポート
第8章 「漢方サポート外来」と「緩和ケア」の連携

星野 惠津夫

1952年東京都生まれ。1979年東京大学医学部卒業。1984年東京大学 第1内科助手、1986年トロント大学 消化器科リサーチフェロー。帝京大学 内科助教授、同附属病院 検診センター長、癌研究会附属病院 内視鏡診療部副部長を歴任。2009年癌研有明病院 消化器内科部長、現在に至る。日本内科学会指導医、日本消化器病学会指導医・評議員、米国消化器病学会(AGA)フェロー、東亜医学協会理事。医学部在学中に漢方の良師に出会ったことが、西洋医学と漢方医学との統合医療を行う出発点となった。