知のユーラシア2 知の継承と展開 

知のユーラシア2 知の継承と展開 
イスラームの東と西

先進文明をとりこんだイスラームの知!西洋中世哲学の源泉、そして中国思想との溶融

購入 by Online

ネット書店で購入

  • Amazon
  • honto
  • Honya Club.com
  • TSUTAYA online
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • BOOKFAN by eBookJapan
  • CLUB JAPAN

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

東洋、中東、西洋の哲学や思想が、たがいにどのように影響しあい、どのように人々に浸透し、伝わっていったのか。最先端の研究を、各領域の第一人者から若手研究者までが、大学1・2年生向けにまとめた論文集シリーズ。

第二巻「知の継承と展開」

 

総説 学知の継承と異文化との対話 堀川 徹
ユーラシアの知の伝達におけるシリア語の役割 高橋英海 
イスラーム思想におけるイラン的要素 矢島洋一
イブン・スィーナーの思想世界 知的自伝を読む 小林春夫
中央アジアの知の世界 イスラーム化の進展とティムール朝文化 堀川 徹
共生の思想としてのスーフィズム 聖者信仰と諸宗教の一致 東長 靖
インドのイスラーム思想 修行論に見られるインド思想との交流 二宮文子
イスラームと道教のアマルガム 中西竜也
『清真釈疑』におけるムスリムの儒者批判 佐藤 実

堀池 信夫 総編集

筑波大学名誉教授、日本学術会議連携会員。東京教育大学大学院博士課程(中国古典学)単位取得退学。主著に『漢魏思想史研究』(明治書院)、『中国哲学とヨーロッパの哲学者 上・下』(明治書院)、『新釈漢文大系六十三 易経 下』(明治書院)、『中国イスラーム哲学の形成』(人文書院)など。

堀川 徹 編著