知のユーラシア4 宇宙を駆ける知

知のユーラシア4 宇宙を駆ける知
天文・易・道教

中国古典の宇宙論(コスモロジー) 術数思想の特質と展開!響き合う音、数、文字、神、身体...

購入 by Online

ネット書店で購入

  • Amazon
  • honto
  • Honya Club.com
  • TSUTAYA online
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • BOOKFAN by eBookJapan
  • CLUB JAPAN

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

東洋、中東、西洋の哲学や思想が、たがいにどのように影響しあい、どのように人々に浸透し、伝わっていったのか。最先端の研究を、各領域の第一人者から若手研究者までが、大学1・2年生向けにまとめた論文集シリーズ。

第四巻「宇宙を駆ける知―天文・易・道教」
道教において、律暦思想はその根幹をなしていた。そのためさまざまな技法と理論が考案され、身体の宇宙論として体系化された。身体は宇宙である。交錯するユーラシアの「知」のドラマをダイナミックに描き出す論文集シリーズ第3回刊行!

総説―術数と中国のコスモロジー 辛  賢
陰陽五行―その基本義と宋代までの展開 吾妻重二
数理宇宙論の伝統―易から太玄へ 辛  賢
音楽と暦の宇宙―儒教の真理性をささえたもの 堀池信夫
朱子学の楽律思想―黄鐘論と度量衡論 田中有紀
道教の九天 垣内智之
文字の根源へ―道教のおふだ 三浦國雄
宋代の考召法 松本浩一
モンゴルが見た道教 高橋文治

堀池 信夫 総編集

筑波大学名誉教授、日本学術会議連携会員。東京教育大学大学院博士課程(中国古典学)単位取得退学。主著に『漢魏思想史研究』(明治書院)、『中国哲学とヨーロッパの哲学者 上・下』(明治書院)、『新釈漢文大系六十三 易経 下』(明治書院)、『中国イスラーム哲学の形成』(人文書院)など。

辛 賢 編著

大阪大学大学院文学研究科専任講師。筑波大学大学院哲学・思想研究科博士課程修了。中国哲学専攻。博士(文学)。主な論文に「『太玄』の「首」と「賛」について」(『日本中国学会報』第五十二集)「後漢易学の終章―鄭玄易学を中心に―」(『東方学』百七輯)、著書に『漢易術数論研究―馬王堆から『太玄』まで―』(汲古書院)など。