知のユーラシア3 激突と調和

知のユーラシア3 激突と調和
儒教の眺望

中国の正統思想である儒教の成立と展開を、諸哲学・宗教との激突と調和の中で描き出す。

購入 by Online

ネット書店で購入

  • Amazon
  • honto
  • Honya Club.com
  • TSUTAYA online
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV
  • e-hon 全国書店ネットワーク
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • BOOKFAN by eBookJapan
  • CLUB JAPAN

店舗の在庫を確認

※ネット書店によっては取り扱いが無い場合があります。あらかじめご了承下さい。

中国には、主要な宗教が五つある。儒教・仏教・道教・イスラム教・キリスト教である。このうち、儒・仏・道三教は、二世紀後半から様々な形で互いに交渉を持ちつつ、中国の社会や文化に大きな影響を与えてきた。儒教は、後漢時代に国教化され、三教の中で別格の正統思想の地位を二千年以上保ってきたが、それは安穏な歴史ではなかった。様々な思想・宗教を受け容れ、また挑戦を撥ね除け、融合して調和を目指してきたのである。本書は、儒教の成立と展開を、諸哲学・宗教との激突と調和の中で描き出している。
               

総説
殷周革命のインパクト
儒教の国教化と『淮南子』
鄭玄の経書解釈―『三礼』と今文学説・古文学説
杜預と韋昭―三国乱世の学知
激突 仏教と儒教
『父母恩重経』と『提謂経』―仏教の儒教取り入れ
宋学の近世的的性格のついて

堀池 信夫 総編集

筑波大学名誉教授、日本学術会議連携会員。東京教育大学大学院博士課程(中国古典学)単位取得退学。主著に『漢魏思想史研究』(明治書院)、『中国哲学とヨーロッパの哲学者 上・下』(明治書院)、『新釈漢文大系六十三 易経 下』(明治書院)、『中国イスラーム哲学の形成』(人文書院)など。

渡邉 義浩

早稲田大学文学学術院教授。

菅本 大二

梅花女子大学教授。